横型ランドセルの特徴(メリット・デメリット)

ランドセル 横型,ランドセル 特徴,ランドセル 注意

一般的にランドセルというと縦型のデザインが主流ですが、最近では横に広いワイドタイプのランドセルも増えてきています。
徐々に愛用者が増えてきているワイドランドセルについて、そのメリットとデメリットをまとめてみました。
購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

横型ランドセルのメリット

ランドセル 横型,ランドセル 特徴,ランドセル 注意

ものが出し入れしやすい

横型ランドセルは間口が広いこともあり、教材などの出し入れがしやすいです。
小さい子だと細かい作業が苦手な子も多いので、これは大きなメリットです。
また、教科書を横向きに入れることができるので、中身が確認しやすいです。

型崩れがしにくい

一般的なランドセルと比較して、自重が分散されるため、型崩れしにくいです。
また、背負いベルトの位置の調整幅が広いので、身体が大きくなっても窮屈に感じません。

個性的で目立つ

だんだんと使用者が増えてきているものの、まだまだ横型ランドセルのランドセルを使っている人は少数派です。
そのため、「他の子とは違うランドセルがいい!」というお子様にもぴったりです。

横型ランドセルのデメリット

ランドセル 横型,ランドセル 特徴,ランドセル 注意

学校のロッカーに入らないことも

全国の小学校のほとんどは縦型のランドセル用にロッカーが設計されているため、横型ランドセルだと入らない場合があります。何とか入ったとしても、部分的にはみ出してしまうことがあり、収納面であまりよくありません。

ランドセル用品が合わない

学校や地域から配られるランドセルカバーも縦型に合わせて作られているため、横型ランドセルだと入りません。

 

同じように市販のランドセル用グッズもサイズが合わないことがほとんどです。
カバーやレインコートなどをつけて、大事に使おうと考えている場合は注意が必要です。

種類が少ない

横型ランドセルはまだまだメジャーとは言えず、製造しているメーカーも決して多くありません。
そのため、まだまだバリエーションは少ないです。
ランドセル人気ランキング2018はこちら

関連ページ

クラリーノランドセルの特徴
クラリーノとは人工皮革のことで、天然皮革の構造になっています。軽くて丈夫ということもあり、ランドセルの素材としても人気があります。
コードバンランドセルの特徴
高級ランドセルに使われている素材というと、まずコードバンが挙げられます。使い込むほど風合いがでる素材で、壊れにくいという特徴もあります。